あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
秋田の旅と歴史
秋田の旅     男鹿市

真山の万体仏
しんざんのまんたいぶつ
秋田県男鹿市北浦真山字白根坂台134


 正徳4年(1714)僧・普明が真山に光飯寺金剛童子堂を建てたそうです。明治の神仏分離の際、この場所に遷座されました。この中に木彫りの小地蔵が、お堂一杯に並んでいて万体仏と呼ばれています。
 3間四方の堂舎の床下から4壁、天井に杉の木彫りの地蔵菩薩像約1万2千体が一定の方式によって整然と並べられています。万体仏は県の文化財に指定されています。


秋田県トップページへ  旅と歴史トップページへ

直線上に配置