更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
東京の旅と歴史
東京の旅      青梅市

金剛寺
こんごうじ
東京都青梅市天ヶ瀬町1032
Tel 0428-22-2554


 青梅の起源は、平安時代にさかのぼります。馬に乗ってこの地にやって来た平将門は、馬のむちに使っていた梅の枝を地面に挿し、仏に戦勝を祈願しました。
 将門は「我が願いが通じるのならば大きく育て。通じないのなら枯れてしまえ」と言って吉凶を占ったそうです。
 やがて枝は大きく育ち、青梅となりました。喜んだ将門は仏に感謝し、梅が根付いた地に「金剛寺」を建立したと伝えられています。その青梅は「将門誓いの梅」とも呼ばれているのです。
 「金剛寺の青梅」は将門の伝説をもつ古木です。この梅は季節がきても黄熟しないで落実まで青いままです。このため「青梅」といわれました。青梅市の名称もここから付けられたそうです。
 また樹齢約150年高さ20mの、しだれ桜も有名です。梅岩寺のシダレザクラと姉妹桜です。
  青梅句碑
 青梅や またこのさきも いくちとせ

   好々居 臼左(明治時代の俳人)



東京都トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置