更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
東京の旅と歴史
東京の旅          新宿区戸山

学習院旧正門
がくしゅういんきゅうせいもん
東京都新宿区戸山3−20−1


 学習院旧正門は明治10年(1877)に神田錦町の学習院正門として建てられました。明治19年(1886)の火災で校舎が焼失し、学習院が移転した後は、 各所を転々としました。
 昭和3年(1928)に目白の学習院本院に戻り、昭和24年(1949)に現在地へ移されました。現在は学習院女子短期大学と学習院女子中・高等科の正門となっています。
 鋳鉄製柱門で左右に脇門、袖壁があります。昭和48年(1973)に国の重要文化財に指定されています。埼玉県川口市において製作された和洋折衷型のめずらしい門です。



東京都トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置