更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
東京の旅と歴史
東京の旅          港区三田

慶應義塾大学図書館旧館
けいおうぎじゅくだいがくとしょかんきゅうかん
東京都港区三田2ー15ー45


 福沢諭吉が創設した慶応義塾大学は安政5年(1858)に豊前(大分県)中津藩藩邸の長屋で始まりました。慶応義塾大学の図書館旧館は義塾創立50年を記念して、明治45年(1912)に建立されました。曾根達蔵・中条精一郎両氏の設計で、 戸田組が施工しました。建築資金23万円は全額寄付金で賄ったそうです。
 純ゴシック様式で、赤煉瓦の中に御影石を入れ、美しい大時計を配した壮麗な建物です。現在、図書館旧館は、書庫や会議室として利用されています。
 明治末期の煉瓦建築の代表的遺構で、昭和44年(1969)65枚の建築設計図・ステンドグラスの原画とともに国の重要文化財に指定されました。
 入り口ホールの階段上を飾るステンドグラス「ペンは剣より強し」は義塾のシンボルともなっています。 図書館旧館の前には、慶應義塾大学の創立者である福沢諭吉の胸像が置かれています。



東京都トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置