更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
東京の旅と歴史
東京の旅          江戸川区

葛西臨海公園
かさいりんかいこうえん
東京都江戸川区


 江戸川区にある葛西臨海公園は葛西臨海水族園や大観覧車がある都立公園で、葛西沖開発事業で造られました。水族館ゾーン、鳥類園ゾーン、芝生広場ゾーン、汐風の広場ゾーンなどに分かれています。
 沖合には三枚洲と呼ばれる干潟が広がっています。15ヘクタールの西なぎさと、10ヘクタールの東なぎさがあり、潮流堤で区画を保護しています。平成8年(1996)には「日本の渚百選」に選ばれています。初日の出や、潮干狩り、夏には水遊びで大勢の人が押し寄せます。
 水族園ゾーンには葛西臨海水族園があります。年間入場者数日本一の記録を持つ、東日本で最も人気のある水族館です。屋上は展望台になっています。
 芝生広場ゾーンには日本一の大きさを誇る観覧車「ダイヤと花の大観覧車」があります。大観覧車は開業直後に福岡市のSky Dream Fukuokaに日本一を譲りましたが、平成21年(2009)に廃業したため、再び日本一に返り咲いています。
 汐風の広場ゾーンは海に面しています。南中部の丘上にはガラス張りの展望レストハウス「クリスタルビュー」があり、海を一望できます。この丘は芦ヶ池の方まで続いていて、海抜0mの江戸川区を高波から守る防波堤になっています。



東京都トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置