更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームページ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
栃木の旅と歴史
栃木の旅       栃木市

太平山神社
おおひらさんじんじゃ
栃木県栃木市平井町659
Tel 0282-22-0227


 太平山神社は天長4年(827)淳和天皇の勅願により慈覚大師により創建されたといわれています。明徳3年(1392)後小松天皇から勅額を賜り、隆盛し最盛期には摂末社および寺院が80余に及んだそうです。
 天正12年(1584)に太平山一帯は、北条氏と皆川氏との戦いの激戦地となり太平山神社も兵火にあい多くの社殿や記録、社宝が焼失しました。江戸時代に入ると幕府から庇護され3代将軍徳川家光により社領50石が安堵されました。
 元治元年(1864)には水戸天狗党が太平山多聞院に本陣を置き尊皇攘夷の旗印を揚げをしました。この神社には神仏混合の名残りで、神仏分離令以前は虚空蔵菩薩を奉っていました。境内には仏堂だった星宮神社や仁王門だった随神門などが残り神仏習合の名残を見ることかができます。



栃木県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置