更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームページ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
栃木の旅と歴史
栃木の旅       芳賀郡益子町

綱神社本殿
つなじんじゃほんでん
栃木県芳賀郡(はがぐん)益子町上大羽2350
Tel 0285-72-3101


 綱神社は建久5年(1194)宇都宮氏の第3代当主宇都宮朝綱(ともつな)が、創建しました。朝綱は平家の中でも、かなり有力な武将で、平家没落後は源頼朝に仕え、根拠地を宇都宮に移しました。
 朝綱は謀反の疑いで土佐に流されました。土佐の加茂明神に祈ってその罪が許されたので、本国に帰った後、賀茂明神を勧請し社殿を建立したそうです。
 綱神社本殿の、現在の社殿は大永年間(1521-1527)に建てられたとみられています。本殿は三間社流造りと呼ばれる構造で、屋根は茅葺きです。本殿は側面1間、正面3間、前面に3間の向拝を設けています。本殿内は円柱で、内部は16角柱が使われています。向拝は面取の角柱を用い、柱下に土台を廻しています。
綱神社本殿
 縦の部材と横の部材を結ぶ斗拱は三斗組で両端は連三斗組、桁行の出組に皿斗を設け、大斗との高さを調整しています。懸魚、向拝中柱上部の手挾、木鼻など素朴で雄健の風を示し、意匠技法とも室町時代の特色をよく表しています。大正5年(1916)国の重要文化財に指定されています。
綱神社本殿

 大倉林(現大羽小学校)に古くから鎮座していた大倉神社は綱神社の摂社となって隣に移されています。大倉神社は、大同2年(807)の創建と伝わる古い神社です。現在の社殿は16世紀前半に建てられたようです。この建物も国の文化財に指定されています。
摂社大倉神社本殿
 本殿は1間4面、前面に1間の向拝を設けています。向拝柱は面取角柱を使用し、本殿は円柱で内部を8角作りにのままにしています。斗拱は三斗組で向拝中央に蟇股を備えています。綱神社と同様に規模は小さめですが室町時代の特徴をよく表しています。
摂社大倉神社本殿



栃木県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置