更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームページ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
栃木の旅と歴史
栃木の旅       足利市

足利学校
あしかががっこう
栃木県足利市昌平町2338
Tel 0284-41-2655


 足利学校は日本最古の総合大学です。隆盛期の天文年間には全国から多くの学徒が儒学・医学・兵学などの授業を受けました。創設については、国学の遺制説、また小野篁(おののたかむら)説、、足利義兼説など様々あります。再興したのは鎌倉にいた関東管領(かんれい)の上杉憲実でした。 
 応永26年(1419)管領の職を継いで以来、尚書正義(しょうしょせいぎ)20巻をはじめ、毛詩註疏(もうしちゅうそ)(重文)、礼記(らいき)正義(国宝)、春秋左伝註疏などを寄進しました。鎌倉円覚寺の僧であった快元を初代庠主(しょうしゅ)(校長)に招くなど学校の復興を図りました。
 憲実の子孫の憲房も父祖の志を受けて書籍を学校に寄進するなど、学校のために尽くしました。7代目の庠主九華(きゅうか)の代になると学校はますます盛況を極め、天文年間(1530-1555)には3000人もの生徒が学んだといわれています。
 宣教師フランシスコ・ザビエルはインドのゴア政庁に「日本国中最も大にして最も有名な坂東の大学」と報告しています。
 永禄3年(1560)には小田原の北条氏政が金沢文庫の宋版「文選(もんぜん)」(国宝)を寄進しています。
 学校では、儒学を中心に易(えき)学・兵学・医学などが講義されていました。田代三喜・曲阿瀬道三(まなせどうさん)という有名な医師も育ちました。応仁の乱以後、戦国大名が最も必要としたのは卜筮(ぼくぜい)(占いの技術)でした。
 卒業者はその道の権威者として重んじられました。たとえば徳川家康に仕えた第9代の庠主三要(さんよう)は有名です。家康に気に入られ孔子廟の修理もやってもらったほどでした。
 江戸時代末期には藩校へと移行し、明治5年(1872)廃校になりました。孔子廟と学校門を残し、それ以外の方丈などは取り壊されました。昭和57年(1982)「史跡足利学校跡保存整備事業」に着手し平成2年(1990)12月に復元され江戸中期の姿に蘇りました。

 足利学校では、歴史ある三つの門を通ります。最初の門が、「入徳」と書かれた門、次に「学校」と書かれた門、最後が、「杏壇」(きょうだん)と書かれた門で、いずれも国の史跡指定になっています。
 寛文8年(1668)の創建ですが、天保2年(1830)の火事により類焼、同11年(1840)ころ再修築、それも腐朽し、明治の中頃、通用門を移転修築したと伝えられています。
入徳門
 寛文8年の創建です。「学校様」という言葉があるくらい足利市民には愛着がある学校のシンボルです。
学校門
 杏壇門(きょうだんもん)は寛文8年の創建ですが、明治25年(1892)の火事により類焼、同30年代に再建されたものです。杏壇門をくぐり抜けると、正面に聖廟があります。
杏壇門
 聖廟(せいびょう)は孔子様を祀ってあり、孔子廟ともいいます。建物の名称は大成殿で、寛文8年(1668)に造営されたものです。 建物は清楚簡潔でその様式は明の古廟を模したものと伝えられています。聖廟の中には、孔子坐像・小野篁公像・四配などが納められています。
聖廟
 方丈は学生の講義等に使用され、茅葺屋根の建築物としては最大級のものでしたが、明治5年(1872)廃校と同時に取り壊されました。平成2年(1990)12月に復元されたものです。
方丈



栃木県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置