更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
埼玉の旅と歴史
埼玉の旅      川越市

仙波東照宮
せんばとうしょうぐう
埼玉県川越市小仙波町1丁目21
Tel 049-224-3431


 仙波東照宮は喜多院の南側にあります。元和2年(1616)駿府で徳川家康が没し、その遺骸を久能山から日光山へ移す途中、天海僧正によって喜多院で4日間の法要が営まれました。その後、日光山へと遺骸は運ばれ、東照宮に祭られました。
 天海僧正は寛永10年(1633)年、喜多院の境内に東照宮(仙波東照宮)を建立しました。この場所は中院の仏地院が建てられていた場所でした。
 寛永15年(1638)川越城下は寛永の大火に見舞われます。喜多院は山門を残し、ほぼ全焼。東照宮も焼け落ちました。3代将軍徳川家光によって川越藩主で老中の堀田正盛が造営奉行に命ぜられ、幕府によって、寛永17年(1640)に再建されました。
 この再建された社殿が、現在の仙波東照宮です。日光・久能山とともに三大東照宮の一つに数え上げられています。江戸時代を通じ社殿や神器など、すべて江戸幕府直営で行われたそうです。
 本殿は三間社流造り、銅瓦葺、極彩色です。拝殿には、正面に後水尾天皇の筆となる東照大権現の勅額が懸けてあります。拝殿にある三十六歌仙絵額は岩佐又兵衛筆で知られ国宝です。本殿、唐門、拝殿及び幣殿、随身門、石鳥居、瑞垣が国の重要文化財に指定されています。



埼玉県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置