更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
埼玉の旅と歴史
埼玉の旅      深谷市

尾高惇忠(藍香)生家
おだかあつただ(らんこう)せいか
埼玉県深谷市下手計


 尾高藍香は天保元年(1830)下手計村(現深谷市)に生まれました。渋沢栄一とは従兄弟にあたります。栄一は少年時代、尾高のもとに通い論語などを学んだそうです。
 尾高や渋沢らの青年同志が時の尊皇攘夷論に共鳴し、高崎城の乗っ取り計画をこの2階で謀議したそうです。 尾高は後に官営富岡製糸工場長、第一国立銀行仙台支店長などを歴任しました。



埼玉県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置