更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームページ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
神奈川の旅と歴史
神奈川の旅      横浜市中区

山下公園
やましたこうえん
神奈川県横浜市中区山下町279
Tel 045-681-1860


 昭和5年(1930)3月に開園した山下公園は、横浜の公園の中で一番知られている公園です。修学旅行生やカップル、家族連れやグループ、休日はもちろん平日であっても多くの人出で賑わっています。
 氷川丸の前のあたりと、「世界の広場」の東側あたりには花壇があって、季節毎の花々が美しく咲いています。
 山下公園は関東大震災の復興事業のひとつとして瓦礫を埋め立てて造成された公園なのです。
 第2次世界大戦後はアメリカ軍によって接収されましたが、昭和29年(1954)から少しずつ返還され、整備、改良を経て、昭和36年(1961)には再整備が完了してほぼ現在の姿となりました。
 昭和63年(1988)に行われた横浜博覧会の際に東側の地下駐車場とその上部の「世界の広場」などが整備されました。
 山下公園西側に残っていた旧臨港鉄道高架跡を利用して、平成14年(2002)春に「山下臨港線プロムナード」が整備されました。これによって山下公園と新港地区とが遊歩道で結ばれ散策がしやすくなりました。

氷川丸
ひかわまる
横浜市中区山下町山下公園地先
 氷川丸は昭和5年(1930)三菱横浜造船所で造られました。総トン数1万2千トン、全長163.3mの豪華客船です。アール・デコ様式のインテリアも取り入れられたこの船は「北太平洋の女王」と呼ばれたそうです。船名は、氷川神社からとったそうです。
 戦前、戦後を通じ北太平洋を238回横断し、延べ2万5千人余の乗客を運んだ氷川丸は、昭和35年(1960)10月、現役生活を引退しました。運航終了後は横浜市山下公園前の横浜港に係留されています。
 氷川丸を運営していた氷川丸マリンタワーは平成18年(2006)運営を終了し、船体を日本郵船に譲渡しました。日本郵船は船体の修繕・内装の修復を行い平成20年(2008)から博物館船として公開を再開しました。

ガールスカウトの像
 山下公園には、アメリカのガールスカウト50周年と、日本の世界連盟正式加入を記念して建てられた「ガールスカウトの像」があります。

かもめの水兵さん
 かもめの水兵さん ならんだ水兵さん
 白い帽子 白いシャツ 白い服
 波にチャップ チャップ うかんでる
 童話作家の武内俊子が詞を書き、河村光陽がこれに曲を付けました。昭和12年(1937)光陽の娘で童謡歌手の河村順子が歌いました。

水の守護神
 昭和35年(1960)姉妹都市であるアメリカのサンディエゴから贈られたモニュメント「水の守護神の像」です。

赤い靴の女の子の像
 野口雨情の詩になる童謡"赤い靴"をはいていた女の子の像です。
 赤い靴 はいてた 女の子
 異人さんに つれられて いっちゃった
 横浜の 埠頭から 船に乗って
 異人さんに つれられて いっちゃった



神奈川県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置