更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームページ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
神奈川の旅と歴史
神奈川の旅      鎌倉市

円覚寺
えんがくじ
神奈川県鎌倉市山ノ内409
Tel 0467-22-0478


 円覚寺は鎌倉時代、禅宗に深く帰依していた第8代執権、北条時宗が、元寇の戦死者を慰霊するために、中国の高僧、無学祖元(むがくそげん)を招き弘安5年(1282)に創建しました。時宗は弘安7年(1284)に他界し、この円覚寺に葬られ、塔頭仏日庵にその廟所があります。
 約6万平方mという寺域は、全体が国の史跡に指定されています。門に至る杉木立の階段が印象的です。鎌倉5山第2位で臨済宗円覚寺派大本山です。
 本尊は木造釈迦如来坐像です。度重なる火災により衰退しましたが、小田原城主や江戸幕府により復興しました。 現在の建物は関東大震災以後に修復されました。
 広大な境内には総門、山門、仏殿、方丈などの伽藍が一直線に並び、多くの塔頭寺院が建つ並びます。緑深い山ノ内の谷戸に抱かれた境内は、いつも美しい花を楽しむことができます。境内には国宝の洪鐘(梵鐘)や舎利殿などがあります。
 夏目漱石や島崎藤村も参禅した帰源院(きげんいん)や仏日庵(ぶつにちあん)、黄梅院(おうばいいん)など18の塔頭が山かげにひっそりと点在しています。

 円覚寺の洪鐘(おおがね)は建長寺の梵鐘とともに、昭和28年(1953)11月14日、国宝に指定されています。総高259.4cm、口径142cmで、鎌倉時代の代表的な形の梵鐘です。
円覚寺の洪鐘
 正安3年(1301)鎌倉幕府9代執権北条貞時が、2度に渡る蒙古襲来で衰退した国家の安泰と民の幸せを祈り、物部国光に鋳造させました。「風調雨順 国泰民安」という願文が刻まれています。鋳造を頼まれた物部国光は、大鐘のため二度失敗したそうです。北条貞時は、7日7夜江ノ島弁財天に参籠し、その加護によって3回目に成功したそうです。
円覚寺の洪鐘

 舎利殿は神奈川県唯一の国宝建造物です。境内の奥に位置する塔頭(たっちゅう)正続院の中にあります。舎利殿は入母屋造、こけら葺きです。一見2階建てに見えますが一重裳階(もこし)付きの建物です。
舎利殿
 堂内中央には源実朝が南宋から請来したと伝える仏舎利(釈尊の遺骨)を安置した厨子があります。その左右には地蔵菩薩像と観音菩薩像が立っています。舎利殿は鎌倉市西御門にあった尼寺太平寺(廃寺)の仏殿を移築したもので、15世紀(室町時代中期)の建築と推定されています。
舎利殿



神奈川県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置