更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
茨城の旅と歴史
茨城の旅       北茨木市

五浦海岸
いづらかいがん
茨城県北茨木市大津町椿


 茨城100景に選ばれている五浦です。茨城県の最北東部、太平洋に向かって半島状に突き出した先端が風光明媚なことで知られる北茨城市五浦海岸です。南から「小五浦」「大五浦」「椿磯」「中磯」「端磯」の五つの浦(磯)を称して五浦と呼んでいます。
 ここは茨城県と福島県の県境に近いところです。緑豊かな松の色と白い砂浜や男性的な岩肌など風光明媚なところです。日本の渚百選、日本の音風景100選、日本の白砂青松100選にも選ばれています。
 平成10年(1998)春にオープンした五浦岬公園からは岡倉天心ゆかりの六角堂を見ることができます。太平洋越しに臨む朱色の六角堂と、岩に砕け散る波、緑の松林が織りなす風景は、一枚の絵のようです。
五浦岬公園
 大津漁港に出入りする船舶や沿岸を航行する船舶の大切な道しるべとなっている大津岬灯台があります。昭和35年(1960)に設置点灯されました。その後、昭和63年(1988)3月機器の改良により光力の増大が行われました。光源には、100V・500Wのハロゲン電球が使用されています。
大津岬灯台



茨城県トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置