更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
群馬の旅と歴史
群馬の旅      吾妻郡高山村

ロックハート城
ろっくはーとじょう
群馬県吾妻郡高山村5583−1
Tel 0279-63-2101


 ロックハート城は、1829年(文政12年)にイギリスで建設され、昭和62年(1987)から平成5年(1993)にかけて日本へ移築された古城です。
 ロックハート家の由来は、十字軍の時代に遡ります。スコットランド独立の英雄・ロバート・ブルース王に仕えていた騎士が勇敢に戦って戦死し、その騎士の心臓は、石の箱に入れて、本国に持ち帰られました。そして、その騎士の一族は、ロックハートという苗字を授けられたそうです。
 子孫のウィリアム・ロックハート伯爵はスコットランド地方サウス・ラナークシャイアのカールークにロックハート城を1829年に築きました。約3200トンの砂岩からなる地上3階、地下1階の建物だったそうです。
 昭和62年(1987)に俳優の津川雅彦が、北海道の広尾町に計画していたレジャーランド「夢の王国サンタ愛ランド」の中核施設とすべく、私費でロックハート城を購入しました。
 翌年、ゴルバチョフ大統領の承諾を得て、シベリア鉄道を経由して、北海道にばらばらの石に分解して運ばれました。石のブロックが4000個、6000トンあったそうです。ところがレジャーランド計画は頓挫して、沼田市の石材屋がこれを買い取り、テーマパーク「大理石村」に建設したのでした。
 中世ヨーロッパの町並みを再現した大理石村は、結婚式会場やライブ会場、ドラマのロケ地などとして利用されています。城内には、石関係のほかに、マリリン・モンローやダイアナ元妃の遺品、津川さんが収集したサンタクロースの人形、テディベアなども展示されています。



群馬の旅トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置