更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
群馬の旅と歴史
群馬の旅      利根郡みなかみ町

旧大庄屋役宅書院
きゅうおおじょうややくたくしょいん
群馬県利根郡みなかみ町東峰須川
Tel 0278-62-2111 みなかみ町観光商工課


 旧大庄屋役宅書院は天保13年(1842)に建てられました。河合家4代の定右衛門が大庄屋を仰せつけられた時に、領主伊丹氏が用人内山忠太夫に命じて建てさせたということです。
 間口3間、奥行5間、藁葺きの寄棟造り書院で、式台 (しきだい)〈長さ2間、幅4尺)がある間口2間、奥行3間の玄関が母屋(おもや)と連結しています。
 伊丹氏が休息所に使用したようです。藁葺きに赤いトタンを覆ってしまっているので風情は損なわれています。農家の書院としてはめずらしく県指定の重要文化財となっています。



群馬の旅トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置