更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
群馬の旅と歴史
群馬の旅      前橋市

阿久沢家住宅
あくざわけじゅうたく
群馬県前橋市柏倉町604
Tel 027-231-9875


 旧宮城村の阿久沢家住宅は北関東の平地における典型的な中規模民家です。江戸時代には名主や組頭をつとめた旧家だったそうです。
 17世紀末頃の建築と伝えられ古い農家形式を残しています。昭和45年(1970)に国の重要文化財に指定されています。
 茅葺き寄棟造りで桁行8間(15.3m)、梁間4間半(8.2m)です。間取りは中央の3本の上屋柱を境にして土間と座敷が半々の広さです。
 この地方では茅葺き屋根の平側の一部を切り上げて養蚕のための通気と採光を図った「赤城型民家」が多く見受けられます。
 しかしこの阿久沢家住宅は単純な平面形で開口部が極めて少ない造りになっています。土間には独立柱が立つ等古民家特有の特色を備えています。
 養蚕が普及する以前の民家の形式を残している貴重な民家であることが推測できます。
 入口の右手(住宅東側)に馬屋が設けられています。当時、馬が住宅の中にいたわけです。
 考えてみるとかなり不潔な環境だったわけです。臭いもするでしょうし大変だったと思われます。



群馬の旅トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置