更新日: あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
群馬の旅と歴史
群馬の旅      桐生市

桐生明治館(旧群馬県衛生所)
きりゅうめいじかん(きゅうぐんまけんえいせいじょ)
群馬県桐生市相生町2−414ー6
Tel 0277-52-3445 明治館写真


 桐生明治館は、明治11年(1878)に建てられた擬洋風の建物です。前橋・県庁前の群馬会館の場所に「群馬県衛生所兼医学校」として建築されたそうです。
 その後「県立女学校」「師範学校付属小学校」「物産陳列館」「県農会」と使用者は変わりました。昭和3年(1928)、現在の群馬会館を建設するため相生村に移築され「相生村役場」となったのだそうです。
 相生村が桐生市と合併したため昭和57年(1982)まで「相生公民館兼市役所相生出張所」として使われたそうです。
 昭和59年(1984)1月から昭和61年(1986)3月まで半解体修理が行なわれ、建築当初の姿に復元されたたということです。
 「白い洋館」と呼ばれ、明治の初期洋風建築のさまざまな特徴をそなえています。左右ほぼ対称の形と優美な色彩は素晴らしさを感じさせます。
 昭和51年(1976)に国の重要文化財の指定を受けました。築後98年目の指定だったそうです。1階の正面右側の部屋は喫茶室になっています。重要文化財の一角でコーヒーも飲めるのです。



群馬の旅トップページへ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置