あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
千葉の旅と歴史
千葉の旅      勝浦市

八幡岬公園
はちまんみさきこうえん
千葉県勝浦市浜勝浦221
Tel 0470-73-1211 勝浦市観光商工課


 八幡岬公園は、室町から江戸初期まで続いた、勝浦城主・正木氏の居城跡地に整備された自然公園です。約4700平方mの公園には、遊歩道、子供の広場、子供用アスレチック、展望広場などが設けられています。
 勝浦湾の東側に突き出た細長い半島の八幡岬の上に広がる公園から、勝浦湾や太平洋を一望することができます。園内の一角の高台には養珠夫人(お万の方)の像があります。
 天正18年(1590)、後北条氏が秀吉に攻略され、滅亡すると、勝浦城も本多忠勝などの軍勢に攻められて落城しました。この時、お万布晒しの伝説が生まれています。城主正木頼忠の娘のお万は、落城の折り、松の根方に白布をさらし、それを伝わって洋上に逃れたという話です。
 伝説の真偽はわかりませんが、お万は、のちに家康の側室となり、「養珠夫人」と称され、8代将軍徳川吉宗の祖父にあたる紀伊徳川家藩祖・徳川頼宣と、 水戸黄門(光圀)の祖父になる水戸徳川家藩祖・徳川頼房を産んでいます。


 千葉トップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置