あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・宗谷の旅   天塩郡豊富町

サロベツ原野
さろべつげんや
北海道天塩郡豊富町字西豊富
Tel 0162-82-1728


 サロベツ原野は北海道北部にある豊富町と幌延町の海岸線沿いに広がる湿原です。独特の植生が豊富に見られることから、一部の区域は特にサロベツ原生花園と呼ばれています。
 サロベツはアイヌ語の「サル・オ・ペツ」で、葦(アシ)の生える川が語源とされています。泥炭性の低湿地で、海岸砂丘とその背後にある宗谷丘陵によって阻まれた潟湖が、泥炭による長い堆積作用によって形成されたとみられています。
 水鳥の生息にとって重要な湿地として平成17年(2005)ラムサール条約登録湿地に指定されました。水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約です。
 豊富ビジターセンター内ではサロベツ原野形成の歴史や自然などがパネルやスライドにより分かりやすく展示されています。
豊富ビジターセンター
 雄大なサロベツ湿原の自然観察ポイントを遊歩道を歩いて体験できます。2万3000haもの広大な湿原は「利尻・礼文・サロベツ国立公園」に指定されています。
豊富ビジターセンター



北北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置