あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・宗谷の旅    枝幸郡浜頓別町

クッチャロ湖
くっちゃろこ
北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖
Tel 01634-2-2345


 クッチャロ湖は周囲27kmの海水湖です。平均水深1.5mと浅く標高が低いため、約3km離れたオホーツク海の海水が、満潮になると入り込みます。大沼(長径5.5km)、小沼(長径3.0km)、ポン沼からなり、細い水路によってつながり、変形した瓢箪型をしています。
 クッチャロ湖の語源は、アイヌ語で「トー・クッ・チャロ」「沼の水が流れ出る口」「というような意味になるそうです。湖から出る水がクッチャロ川を流れ出るので、湖と川の合流点を意味する言葉が、いつのまにか湖全体を指すようになったようです。
 弟子屈町にある屈斜路湖は語源が同じですが、クッチャロ湖とは全然関係がなく、最近付けられたようです。江戸時代の探検書・古地図には「クスリ・トー」という名前の湖だったそうです。
 白鳥の湖といわれるように、春と秋の渡りの季節に、数千羽のコハクチョウと数万羽のカモ類が観察できます。コハクチョウは天塩川・石狩平野を移動しながら、本州の越冬地へ渡っていきます。



北北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置