あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・後志(しりべし)   余市郡余市町

旧余市福原漁場
きゅうよいちふくはらぎょじょう
北海道余市郡余市町浜中町150
Tel 0135-22-5600


 明治36年(1903)まで福原家が経営していた漁場で、親方の家族や漁夫が寝起きした主屋、文書庫、納屋、干場、米味噌倉などが修理復元されています。
 余市は江戸時代からニシンの千石場所としてその名を知られていました。明治以降、余市はニシン漁と共に発展を続け、海岸沿いには漁場の建物が立ち並んだのです。
 漁場経営者は「大宅=おおやけ」と呼ばれ、漁期には出稼ぎの漁夫などの多くの人を雇い入れたのです。
 ここは明治期の漁業活動を知る貴重な漁場跡です。国の史跡にも指定されています。重要書類を保管していた文書庫なども保存されていて、当時の漁家の財力や権力の一端をうかがい知ることができます。



西北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置