あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・渡島(おしま)    函館市

立待岬
たちまちみさき
北海道函館市立待岬


 函館山の南東、津軽海峡に突き出たところに立待岬があります。晴れた日には下北半島を望み、また左手には、石川啄木が好んで散歩したといわれる大森浜、湯の川方面を望む大パノラマが楽しめます。
 岬の名前はアイヌ語の「ピウシ」からきているそうです。意味は魚用の槍をもち魚が来るのを待った場所という意味だそうです。
 第二次世界大戦では、旧日本軍の要塞となり、市民の立ち入りが禁止されていましたが、現在では見晴らしが良いことから、観光名所として知られています。


南北海道トップページへ 北海道の旅と歴史へ

旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています


南北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置