あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置

北海道・檜山の旅    檜山郡江差町

旧中村家住宅
きゅうなかむらけじゅうたく
北海道檜山郡江差町字中歌町22
Tel 0139-52-1617


 宝暦年間(1751-1764)に近江商人の種島屋宇兵衛(たねしまやうへい)がここに店舗を構え、海産物問屋や回船業など手広く営んでいました。中村家はその子孫の大橋卯兵衛が改築した住宅です。
 主屋、文庫蔵、下ノ倉の3棟からなっていて明治30年代に大橋家の番頭であった中村米吉に譲られました。今は中村家から江差町に寄贈されています。
 総ヒノキ切妻造りで3棟とも土蔵造りの2階建てで切妻造りです。当時の問屋建築の代表的な造りで原形のまま保存されています。
 帳場や台所、茶の間、床の間等豪商であった屋敷内部も公開されています。この地方の代表的な町家として国の重要文化財に指定されています。



南北海道トップページへ

北海道の旅と歴史へ  旅と歴史トップページへ


直線上に配置