更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームペーシ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
長崎の旅と歴史
長崎の旅        長崎市

グラバー園
ぐらばーえん
長崎県長崎市南山手町8ー1
Tel 095-822-8223


 ここ南山手地区一帯は、鍋冠山の麓に広がる斜面地で、グラバー園はその高台の一角に位置しています。長崎港を見下ろす高台に位置する住宅地でその昔、外国人の居留地だったところなのです。

 緑と季節の花々に囲まれた園内は異国情緒を存分に味わうことができます。
 昔の「グラバー邸」の場所付近に旧ウォーカー邸、旧リンガー邸、旧オルト邸、旧三菱第2ドックハウス、旧長崎地方裁判所長官舎などの洋館を解体移転して園内に設置し3万uの広さを持つ「グラバー園」に名称変更され、今日に至っています。
 メインの旧グラバー邸は、文久3年(1863)に建築されたコロニアル・スタイル(バンガロー式)の瀟洒な平屋建てです。四葉のクロ−バ−の形をした屋根になっています。
 応接室、寝室、事務所などがあり、資料も展示されています。オペラ「蝶々夫人」ゆかりの地とされ、現存する木造洋館では日本最古のものとなっています。
 複雑で独特な凸字形の平面計画となっていて、 施工したのは、 大浦天主堂やオルト邸を建築した天草の職人小山秀(小山商会)だったそうです。
 この邸宅の主、トーマス・グラバーは英国人で21歳の時上海から渡来し日本でグラバ−商会を設立しました。 薩摩, 長州, 土佐, 佐賀の藩士と手を握り、 武器, 弾薬等の売り込みで、 短期間のうちに財をなしました。



長崎の旅と歴史へ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置