更新日:



あなたは

番目の訪問者です
(ogino作成共通カウント)





旅と歴史ホームページ

信州上田ホームページ

信州長野ホームページ

真田一族のホームページ

Mr.ogino旅ホームページ

上田の旅と歴史HP

信州の旅HP

日本の旅HP

世界の旅HP





根子岳ヘリスキーHP

菅平高原homepage

直線上に配置
鹿児島の旅と歴史
鹿児島の旅        奄美大島

加計呂麻島
かけろまじま
鹿児島県大島郡瀬戸内町


 加計呂麻島は本島にある瀬戸内町の港から船で約20分のところにあります。穏やかな入江は真珠やクロマグロの養殖も行なわれています。
 デイゴの並木の前にはサンゴ礁の海、白い砂浜、水のきれいなビーチが点在し、海水浴客やダイバーが多く訪れます。
 この付近で作られる黒糖焼酎は独特の甘みと香りを持った酒です。米こうじと奄美特産の黒砂糖を主原料に醸造された蒸留酒です。島唄を聞きながら一杯は最高です。
 加計呂麻島では砂糖きび栽培が盛んです。諸鈍(しょどん)まで行く途中の農家にはそれらの設備がありました。今から約400年も前の慶長6年(1601)に始まったそうです。
 砂糖きび酢も有名です。中国から約200年前杜氏が渡って来て、酢造りの方法が伝えられ、加計呂麻島の気候の中で永い間はぐくまれてきました。生活に欠かせない知恵として受け継がれ健康長寿の里を築いているのです。



鹿児島の旅と歴史へ
旅と歴史トップページへ ご意見ブログでお待ちしています

直線上に配置